creator

ZsoltSzabó–創設者兼クリエイティブディレクター

“I believe in magic going beyond the momentum of illusion that my customers relive each day in their homes through my craft.”

Zsolt Szaboは、1968年5月13日にブダペストで生まれました。幼い頃にワークショップで木材を使った家具を製作したことで、彼の木材への情熱は早々に養われました。彼の職業として木工旋盤を使う事は当然の選択でした。彼は1982年から1985年までGyulaKaesz Vocational School of Woodworkingで学びました。彼の忍耐力と勤勉さは、おそらく父親のFerenc Jozsef Szaboから受け継がれています。 Ferencは、ハンガリーで最初のCNC金属旋盤オペレーターであり、「不可能」な構造を持つ多数のプロトタイプを作成しました。「不可能」という言葉は彼らの語彙に含まれていません。今日に至るまで、謙虚さと仕事への情熱こそが彼らにとっての重要な原動力です。

Zsoltは16歳で初めて事業を立ち上げました。彼の好奇心は、様々な素材の可能性を探求するための大きな原動力だったのでしょう。それらの試みから、彼の手作りランプのコレクションが生み出されました。

1991年、手作りランプ事業に5年間携わった後、彼は木材を使った家具の製作へと立ち返りました。これは彼の人生の決定的な要素です。彼は自分の家具を製作し、古い老朽化した家具を修復し命を吹き込み始めました。ここから、彼の作品は人気と評判を獲得し、ヨーロッパや海外から沢山の注文を引き受けることとなりました。創造性こそが常に彼のキャリアの不可欠な要素でした。幼い頃から、彼はオブジェクトを多次元的に見ることができ、自然からインスパイアされた水平と垂直の線は、工芸品を装飾するのに役立ちました。

20世紀の終わり、1999年に Zsoltが彼の兄弟と共に設立したSYKOMORKftから提供されたコレクションの一部として彼の特徴的な壁パネルを発表しました。彼らの勤勉さと粘り強さにより、2015年にSYKOMORはハンガリーの家具会社トップ100コンペティションで44位を獲得しました。

Zsoltにとってブダペスト芸術宮殿の湾曲したヨーロッパのクルミの壁パネルを設計する機会に恵まれたことは非常に幸運なことでした。その建設は、Ybl賞を受賞したハンガリーの建築家であるGáborZobokiによって監督されました。

2014年に彼はZsolt Karajzと共にMOKOINTERIORを設立しました。 さらに2015年には彼はロンドンに拠点を置くMOKOINTERIORLTDを設立しました。プライベートアパートメント、オフィス、レストラン、キエフプライベートアパートメント、キエフタントラビストロ、ロンドンMNKYハウスレストラン、ローマスパーニャロイヤルスイートホテル、カナダプライベートアパートメント、米国のMOKO 3D壁装材:フロリダ水族館、テネシーレストラン、サンフランシスコのプライベートアパートに携わったこの共同作業は2019年まで続きます。MOKOINTERIEURで過ごした数年間、Zsoltは家具の改修や木製パネルの製作など、さまざまな職人技に取り組みました。彼は次のような本物の家具の複製を作りました。

ハンガリー共和国大統領府にあるナポレオン時代の24カラットの金で覆われた木製の椅子

ハンガリーの自然科学のトップ大学であるELTEにあるマリアテレジアによる鉱物鉱床の家具。

MOKO 3D木製パネルは世界の多くの場所に出荷され、家、レストラン、カフェ、ホテル、水族館に壁に取り付けられています。

MOKOは世界の展示会でも発表しました:

2013年4月/イタリア、リミニ、観光展

2014年4月/ディストリビューター:SOLINFO Lighting&Homeブダペスト

2014年9月/イギリス、ロンドン100%デザイン

2015年2月/カナダ、バンクーバー国際デザインショー

2015年9月/アムステルダム、オランダ、ISEアムステルダム

2017年2月/イタリア、ミラノ、サローネデルモバイル

2017 /ドバイのダウンタウンデザイン展ショー。

2019 /モスクワ

2021年、Zsoltはその人生に新しい時代を開きます。彼は息子のマリオと共に家族経営の会社SzaboARTを設立しました。

Zsoltの人生で最も重要なことは、世代を超えても家族との絆を維持することです。彼の目標は、彼の子供たち、Mario(19)、Bendeguz(8)、Lili(6)に自分の技術を伝える事です。

好評を博す木製の壁掛けパネルに加えて、SzaboARTは世界のインテリアデザイン市場に新しい製品ラインである石材の壁掛けパネル装飾を紹介しています。将来的には、彼のユニークなスタイルで日常をより彩り、彼の作品を通して自然の重要性を強調することを目指しています。彼の主な関心は、彼の個性的な3D製品ラインの設計、開発、教育とプロジェクト管理です。

Masters: Laszlo Kiraly, Sandor Csepregi-interior designers, inspired Philippe Starck, ideal: Zaha Hadid.

過去36年間、彼の作品は数多くの国内及び国際的な賞を受賞しています。

Design Award (1999), Master of Construction Award (2002, 2004), „50 Succesful Businesses” (2006), LEED Gold Certification (2011), „Create” Certification (2013)

メディア出演:

  1. Book abour Mirror room of Sándor Palace
  2. Publication of Rimini SCM
  3. Ukraine Designe Magazine

FRAME # 102 January/2015

FRAME # 104 May/2015

FRAME # 105 July/2015

FRAME # 106 August/2015

FRAME # 107 September 2015

2014/ MOOVIA

2014/ MOKO catalog

2015/ MOKO catalog

2016/ BOOK OF DESIGN

2016/ MOKO-SYKOMOR

2018/ Berlin Opera House